• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • シンガポール大手法律事務所 Allen & Gledhill ミャンマー進出

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    シンガポール大手法律事務所のAllen & Gledhillは、ミャンマー支店を開設したことが明らかになった。

    現地法人のAllen & Gledhill(Myanmar)社をヤンゴンに開設。ミャンマー人のミン・ナイン・ウー弁護士(Minn Naing Oo)らが担当する。

    昨年10月24日、Allen & Gledhill (Myanmar)社は、ミャンマー投資企業管理局(DICA)より、事業免許を取得していた。同社はラオス、ベトナム、マレーシアでも支店や合弁会社を経営している。

    既に、シンガポール勢では、Rajah & Tann、Colin Ng & Partners、Kelvin Chia Partnershipなどが、ミャンマーで法律事務所を開設しており、Allen & Gledhillは4社目となる。

    また、今月17日、米・最大手法律事務所のベーカー&マッケンジー(Baker & McKenzie)はヤンゴン支店を開設。

    同支店は、アジア太平洋で16カ所目の拠点となる。同法律事務所は、ヤンゴン支店を含め47カ国に75支店を展開している。

    ヤンゴン支店のChris Hughes代表は、「成長速度が速い新市場へ進出するのは大きな挑戦となるが、60年以上の経験や実績をもとに未開拓市場の発展に貢献したい」と語った。

    2/27/2014

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜