• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 三井物産、ミャンマーに自動車アフターサービス事業会社を設立

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    29日、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、タイの大手財閥であるSiam Cement Groupの100%子会社SCG Trading Co.,Ltd (本社 :バンコク市、以下「SCGT」)と共同で、ミャンマーで自動車アフターサービス事業を行うと発表した。

    両社が設立した投資会社SCGT Automobile Co., Ltd(本社:バンコク市、以下「SCA」)と、ミャンマーのOriental Apex Car Sales & Services(本社 :ヤンゴン市、以下「OAC」)で合弁会社Mingalar Motor Co., Ltd.(以下「MGM」)を設立。

    2014年9月を目標に、ヤンゴン市に本店となるサービスステーションを開設、事業を開始する意向だ。

    ミャンマーの自動車登録台数は、中古車を中心に約40万台(推定)といわれ、高品質のアフターサービスに対するニーズが高まっていることから、三井物産は、SCGT、OACとともに新会社/MGMを設立してサービスステーション事業に取り組むことになる。

    また、ミャンマーでは新車市場の開放も予見されており、人口 6000万人を超える同国では自動車市場の急拡大が見込まれている。こうした状況に対応し、三井物産は高いポテンシャルを持つミャンマー自動車市場へ積極的に参入していく方針で、同事業はその第一歩となる。

    三井物産は1990年代には日本企業として最多の事業投資を行っており、2012年にはミャンマー産米の輸出事業を20数年ぶりに再開するなど他社に先駆けて事業展開を実施している。

    ■タイ投資会社の概要
    会社名(予定): SCGT Automobile Co.,Ltd
    本社所在地: タイ王国バンコク市
    資本金(予定): 485万米ドル
    出資比率: SCGT 67%、三井物産 33%

    ■現地合弁会社の概要
    会社名(予定): Mingalar Motor Co.,Ltd
    本社所在地: ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市
    資本金(予定): 650万米ドル
    出資比率: SCA 75%、OAC 25%
    主な事業: 自動車アフターサービス事業

    5/30/2014

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜