• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • サタケ、ミャンマーの大型精米プラント稼働

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    16日、サタケ(本社:広島県東広島市、代表:佐竹利子)は昨年10月に、ミャンマー連邦共和国に納入した大型精米プラントが、現在順調に稼働していると発表した。ミャンマー政府は同国内で生産される米の品質向上を目指しており、サタケは今後、最新鋭精米プラントの販売推進を通して、同国の精米技術・米品質向上を支援していく意向だ。

    サタケが大型精米プラントを納入したのは、総合建設業のアライアンス・スター社精米工場。同社は昨年10月、ミャンマーの首都ネーピードー連邦領に精米工場を建設し、精米業に新規参入した。同連邦領は2003年より建設が始まった新首都で、今回納入したものが同連邦領における初の大型精米プラントとなる。

    同プラントには最新鋭の精米機はもとより、不良品を除去する光選別機や、米の品質を評価する分析機器も備えられ、高品質な米の製造が可能。製造された米は現在、ミャンマー国内向けに販売されているが、将来は輸出も視野に入れている。

    サタケは1997年よりミャンマー連邦共和国ヤンゴン市に販売拠点を設置。ヤンゴンエリアを中心とする20カ所に精米プラントを納入するとともに、現地駐在技師によるメンテナンスに力を入れてきた。また、プラントを導入した客先のオペレーターに対し、精米知識・機械構造に関する研修プログラムを実施している。

    ミャンマー政府は、同国内で生産される米品質の向上により輸出米市場での競争力を高めるため、2012年に法改正をするなど、農業生産性向上に向けた支援に乗り出した。その一環として最新鋭精米プラントを建設し、精米技術および米品質向上に一層力を入れる方針を打ち出している。

    サタケは今後、販売拠点の一層の充実を図り、ミャンマーにおける最新鋭精米プラントの販売推進を通して、同国の精米技術・米品質向上を支援していく意向だ。

    ■精米プラントの概要
    1.事業者 :ALLIANCE STAR GROUP OF COMPANIES(アライアンス・スター社)
    2.本社所在地 :ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市
    3.工場所在地 :ミャンマー連邦共和国ネーピードー連邦領
    4.設計・施工 :サタケ
    5.契約金額 :9,300万円
    6.サタケ供給範囲 :粗選・籾摺・精米・精選・包装・分析の各設備
    7.仕様能力 :5トン/時(長粒種籾ベース)
    8.延べ床面積 :936㎡
    9.完工年月日 :2013年10月
    10.稼働開始 :2013年12月

    7/31/2014

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜