• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • ヤンゴン環状線改修プロジェクト、事業規模20億ドル

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    先月23日、ミャンマー鉄道公社は、ヤンゴン市環状線改修プロジェクトに係わる費用試算を発表した。

    同社は会合で、同プロジェクトは2045年に完了予定で、事業規模は約20億ドルと発表した。

    同社(南部ミャンマー)のゼネラルマネージャーを務めるトンアウンティン氏(Tun Aung Thin)は、「当初は、ダニンコン(Danyin Kone) − マルアコン(Malwa Kone)間の改修工事を優先する。この改修予算は約7億ドル。15年に着工する」と語った。

    国際協力機構(JICA)は同公社と共同で事前調査を行っており、プロジェクトの技術的・経済的支援を行っている。国内企業のE-Guard Environmental Servicesが社会・環境影響評価を実施する。

    同氏は、「事前調査後に詳細計画を作成した上で、融資を得る予定だ」との見通しを示した。

    9/30/2014

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜