• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • ETCM(MM)社、日産最新車種をミャンマーで販売

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ETCM(MM)社は、日産自動車のアルティマ(ALTIMA)とエクストレイル(X-TRAIL)の販売を開始した。

    先月27日、ヤンゴンのセドナ ホテルでプレスイベントを開催した。日産自動車は、マレーシアのタンチョン・モーター社(Tan Chong Motor:TCM)の子会社であるETCM(MM)社を、現地販売店に指名。タンチョン・モーター社は、東南アジアの広範囲において日産自動車と提携しており、マレーシア、タイ、ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマーにおいて、ショールーム、サービスセンター、生産工場を運営している。

    ETCM(MM)社のDato’ Cheah Sam Kip社長は、「日産自動車の人気車種を販売することで、ミャンマーでのシェア拡大を狙う。今後、さらに投資を進めていく計画だ」と語った。アルティマの値段は5万9000ドル、エクストレイルの値段は6万500ドル。12月31日までに購入した場合、特典として部品交換やメンテナンスを2年間無料で受けられる。

    国内自動車取引サイトである「motors.com.mm」によると、同国自動車市場では、日本車が85%のシェアを占め、企業別では、日産が市場の8%を獲得している。

    11/28/2014

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜