• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • アメリカ投資グループACO社、ミャンマーで700億ドルの投資予定事業を発表

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    アメリカ投資グループのACO社(ACO Investment Group)は、ヤンゴン国際空港の増築プロジェクトへ200億ドルの投資を行うことを表明し、加えてミャンマー国内の通信事業ライセンスの入札に向け500億ドルの資金を投入予定だと発表した。

    同社の共同設立者であるAchuthan氏は、「ヤンゴン空港のプロジェクトは合弁又はローンを含めた形態にて行う」と語った。また、クレディ・スイス・グループAG社の元銀行家は、「我々は数多くの未開拓マーケットの成長を求めている。ASEANでは、飽和マーケットであるタイやインドネシアよりもミャンマーに注目すべきだ」と述べた。同国の郵便・通信省(the Myanmar Posts and Telecommunications Ministry)は同ライセンスを6月に発行することを2月15日にホームページ上で発表した。同省の関係者は、「入札91件の中では、ライセンス取得の可能性が高い企業として、東南アジア最大手の電話会社ST社(Singapore Telecommunications Ltd.)、マレーシアのAXIATA社(Axiata Group Bhd.)及びノルウィーのTEL社(Telenor ASA)などがある」と述べた。

    アメリカ投資グルプACO社は、その他にも千メガワットを出力するソーラーエネルギー事業開発に関して、マンダレー県行政局と契約を締結。Achuthan氏は「同事業に対し、2年以内に15億から20億ドルを投資する見込みだ」と述べた。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜