• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 第24回ソフトウェア開発環境展、サイバーミッションズ・クラウドソースら出展

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社 エボラブル アジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エボラブル アジア)は、2015年5月13日(水)~15日(金)に東京ビッグサイトにて行われる、「第24回 ソフトウェア開発環境展(SODEC」に初出展することが明らかになった。

    ソフトウェア開発環境展(SODEC)は、ソフトウェアの開発・保守・運用のための製品・技術が一堂に出展する日本唯一の専門展。出展社と来場社の商談を目的とした展示会で、毎年多数の企業が商談、受注を行っている。

    エボラブル アジアはベトナムのホーチミン、ハノイに拠点を持つ、日系最大のITオフショア開発会社。現在約500名のエンジニアが在籍しており、クライアントの専属チームを組成するラボ型オフショア開発に特化している。日本国内のエンジニアの人材難、人件費高騰ソリューションとしてシステム開発、BPO事業の提供をしている。ベトナムの最大手求人媒体との連携により高い品質の人材を確保できる採用力と、サポート体制を強みとしている。

    「もっとオフショア開発パビリオン」ブースでは、開発の人材難、コスト高、品質を担保するベトナムでのラボ型オフショア開発のソリューションに関して案内する。

    当日は、ミャンマーオフショア開発の株式会社サイバーミッションズ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:有馬 治彦)、株式会社クラウドソース(本社:東京都港区、代表取締役:宮島 一浩)と、バングラディシュオフショア開発の株式会社BJIT(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐藤 一雅)の4社合同でブースを出展。昨年12月に発表した「アジアIT開発ベルト地帯」一体となって、「もっとオフショア開発パビリオン」と名付けたブースを設け、オフショア開発の認知の拡大を図る。

    【ソフトウェア開発環境展概要】
    ■名称  :第24回 ソフトウェア開発環境展
    ■開催期間:2015年5月13日(水)~15日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
    ■場所  :東京ビッグサイト(ブース東46-13)
    ■URL  :http://www.sodec.jp/ja/

    【会社概要】

    ■名称 :株式会社エボラブル アジア
    ■本社 :東京都港区芝3-5-5 芝公園ビル6階
    ■資本金:2億1,5000万円(授権資本 235,000,000円)
    ■代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
    ■URL:http://www.evolableasia.com/

    ■名称 :株式会社サイバーミッションズ
    ■本社 :神奈川県横浜市中区本町1-3綜通横浜ビル5F
    ■資本金:1000万円
    ■代表者:代表取締役社長 有馬 治彦
    ■URL:http://www.cybermissions.co.jp/

    ■名称:株式会社クラウドソース
    ■本社:東京都港区南麻布1-5-8 南麻布スキップフラット401
    ■資本金:1000万円
    ■代表者:代表取締役社長 宮島 一浩
    ■URL:http://www.cloudsource.co.jp/

    ■名称 :株式会社BJIT
    ■本社 :東京都中央区八丁堀2-19-8 長谷工八丁堀ビルB1
    ■資本金:2億4,810万円
    ■代表者:代表取締役社長 佐藤 一雅
    ■URL:http://www.bjit.co.jp/

    4/28/2015

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜