• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • ヤンゴン市郊外に日野自動車のサービスセンターが開業

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    4月30日、日野自動車のサービスセンターがヤンゴン市郊外のレグー郡、第3基幹道路沿いに開業した。

    事業主はサミット・SPA(サージ・パン・アソシエーツ)モーターズ社。同社はSPAグループと住友商事の合弁会社で、2014年8月1日に設立。440万米ドル(=約519億円)を投じて、日野ブランドのサービスセンターを建設した。出資比率は、住友商事60%、SPAグループ40%。日野ブランドのバスやトラックの修理、整備、部品供給などのサービスを提供する。

    SPAモーターズ社はミャンマーにおける唯一の日野自動車の総代理店。

    開業式典に出席した日野自動車の市橋社長は「ミャンマーにおける我が社の事業は20年前に撤退したが、ミャンマーでは日野ブランドのバスやトラックを多く見かける。今後は住友商事やSPAグループと共同で、ミャンマー人ユーザーのために十分なサービスを提供していきたい」と挨拶。

    住友商事は1950年からミャンマーに、日野ブランドのトラックの輸入を開始。日野自動車は1965年にCKD組立工場をトンボーおよびヤンゴン市内に建設。これまで、ミャンマー国内で2万台以上の車両を製造したが、1989年に撤退している。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜