• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 12年ぶりにミャンマーでクレジットカードの発行が再開

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    カンボーザ銀行は、5月25日よりクレジットカードの発行を開始した。2003年の停止依頼12年ぶり。

    中央銀行は5月上旬にミャンマー・ペイメント・ユニオン(MPU)加盟の銀行に対しクレジットカードサービスの提供を許可していた。

    利用限度額は50~500万チャット(=約5万6,800~56万8,000円)。利用額の無利子での返済期間は15~45日。45日を超えれば年率13%がの利息がつく。ATMからの引き出しには、別途手数料がかかる。

    MPUのゾーリントゥッCEOは「ミャンマーには信用調査機関がまだなく融資リスクが高い。カード利用者には銀行口座を開いて一定の預金をしてもらう」と説明。

    同行でのカード所有の条件は同行に預金口座をもつことこと。口座保有者を保証人に立てることでも可能。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜