• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 高校教育の無償化制度が今教育年度からスタート

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    6月1日スタートの新教育年度から、高校無償教育制度が開始された。入学時の学費・図書館使用料・文房具代などすべてが無償化され、入学者の増加が促された。

    今学年の入学登録は5月末日で締め切られた。教育省は引き続き登録者全員の入学および退学者ゼロを目指す。

    これに先駆け小学校では無償の義務教育制度が2011年度から開始。全国の小学生に教科書、ノート6冊、1,000チャット(=約111円)が毎年配布され、2014年度からは中学校も無償化の対象になっている。

    タームエ郡区に住む生徒の母親は「下の子は上の子のときと違って小学校1年生から学費を払う必要がなく、ノート6冊と制服1着が配られた。小・中・高の学費が一貫して無料になったのはありがたい」とコメント。

    同省の部長は「小学生にはこれまで給付していた1,000チャットに代え今年は制服を1着ずつ配った。近い将来には中学生や高校生にも制服を配布したい」と抱負を述べた。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜