• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • ヤンゴン市の渋滞緩和政策にシンガポールの制度提案される

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    年々車両渋滞が深刻化するヤンゴン市の管区政府に対し経済貿易省のマウンアウン顧問は、車庫証明制度に代えて車両所有権(=Certificate of Entitlement、COE)制度を導入することを提案した。

    同COE制度は、車両所有権の発行量を実際の道路の状況と車両の通行量を勘案して定期的に調整する制度。今年1月から導入されたばかりの車庫証明書制度では車の増加率を抑制することができないと指摘されていた。

    同顧問は「COE制度こそがむやみな車の増加を抑制し、渋滞緩和に有効だ。シンガポールでは大きな渋滞が見られないことがそれを証明している。また少なくない税収も見込める」とコメント。

    シンガポールにおけるCOE制度は1990年から導入。COEの有効期間は10年で、陸上交通庁(LTA)による入札で新しく登録する車両に付与される。価格は新規発行数や経済状況などの影響受けるが、おおむね車両本体価格並みの高額に上っている。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜