• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • ミャンマー・コメ連盟、今年度の輸出目標を200万トンと高く設定

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ミャンマー米(コメ)連盟は、今年度のコメの輸出量の目標値を200万トンに設定していることを明らかにした。

    経済貿易省の統計によるコメの輸出量の推移は、2009年度=89万6,000トン(約350億円相当)。2010年度=52万7,000トン(約244億円)、2011年度=79万1,000トン(約387億円)、2012年度133万トン(=約663億円)、2013年度=107万トン(約477億円)、2014度=137万トン(約636億円)。6年で急な増加傾向にあるものの、ここ数年は毎年大きく変動している。

    同協会のルーモーミィンマウン代表は「中国向けが不安定なことが国境貿易による輸出量の予測を難しくしている。中国側でミャンマー米の輸入をが正式に認められれば事態は変わってくるだろう」とコメント。

    ミャンマーからのコメの輸出の7割は陸路を経由した国境貿易でその大半は中国向け。海上貿易での仕向地はロシア、ヨーロッパ、中東諸国や日本など。 海上貿易、国境貿易それぞれ個別の目標値は定められていない。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜