• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 2016年は「ビジット・ミャンマー・イヤー」に

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ミャンマー観光連盟は、2016年を「ビジット・ミャンマー・イヤー」に設定する意向という。

    同連盟の関係者は「観光業を発展させるには、観光サービスを改善しなければならない。ASEAN加盟国の中でもミャンマーのホテル料金や旅のコストは高すぎる。値段を下げることができればもっと発展するだろう。2016年までに準備を進める」とコメント。

    ホテル観光省によると、今年1~5月までにヤンゴン国際空港から入国した外国人観光客は44万7,520人。同空港はミャンマーの主な表玄関として重要な役割を果たしている。

    同期間のアジア各国からの観光客数は31万2,645人。全体の7割を占めた。内訳は、タイ人6万8,652人、中国人4万3,546人、日本人3万5,799人など。ヨーロッパからは8万1,221人の観光客が入国。内訳は、フランス人1万8,113人、イギリス人1万6,789人など。

    ミャンマーでは軍事政権下の1996年にも「ビジット・ミャンマー・イヤー」を設定したが、失敗に終わっている。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜