• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • ミャンマー政府、大規模水害に国際的な緊急支援を要請

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ミャンマー政府は8月4日、国内で発生している大規模水害の救援活動を強化するため、国際的な緊急支援を要請した。

    ASEAN関連外相会議への出席のためマレーシアの首都クアラルンプールを訪れていた米国のケリー国務長官は5日、これに呼応し「急ぎ救援パッケージを発表すると」表明。「すでに在ミャンマー大使館は、救援関係者とともにコーディネートに入っている。我々の行動がこの先の生命への危険と建物などの崩壊が最小限に留まるものになることを希求している」とも。米国政府は6日になって60万米ドル(=約7,470万円)を救済支援のために拠出すると発表している。

    オーストラリアを代表しビショップ外相は200万豪ドル(=約1億8,500万円)の拠出を発表。ノルウェー政府は1,000万クローネ(=約1億5,200万円)を決めた。中国政府は在ミャンマー大使館を通し、すでに被災者に対し支援物資を配布している。

    自国内でも洪水問題を抱えるタイ政府はミャンマーに対し500万バーツ(=約1,770万円)を拠出。ベトナムは2万米ドル分の清浄水を提供する(=約249万円)。

    日本政府は約1,800万円分の毛布などの緊急援助物資を提供する。

    ミャンマー政府によると被災者は26万人昇っているという。死者は69人で、うちヤカイン州だけで少なくとも41人を占めている。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜