• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • JICA、ヤンゴンに地下鉄とライト・レール・トランジットの敷設を提案

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    国際協力機構(JICA)はヤンゴンの渋滞を緩和するため、地下鉄2路線とライト・レール・トランジット(LRT)の敷設を提案している。

    JICA東南アジア・大洋州部のスギタ副部長は「ヤンゴンの人口は現在の510万人。2040年には1,000万人にまでほぼ倍増し、現在のタイ・バンコクの人口を150万人ほど上回ると見込まれ、大規模なインフラ投資が必要」と指摘。

    一方この地下鉄、LRTとは別に、ヤンゴン環状線(総延長=46キロメートル)の近代化プロジェクトが決まっている。7月に日本の安部首相が、この計画に2億5,000万米ドル(=約311億円)のソフトローン(貸し出し条件の緩やかな融資)を約束。日本政府はJICAを通じて、新しい電車や信号の設置などインフラのアップグレードに寄与する。このプロジェクトは2016年に開始、2020年に完了する予定。

    同副部長は「ヤンゴン環状線の改修が完了しても1,000万人を超える人口をサポートすることは難しい。ミャンマー国鉄もヤンゴンにほかの鉄道路線が必要と考えていて、インヤー湖の西側に沿って南北に走るモノレールの設置も検討している」と明かす。

    「地下鉄の敷設はモノレール建設の約3倍以上の費用がかかるが、長期的に見れば地下鉄の方がはるかに良い。われわれは、南北線、東西線の2つの地下鉄線を提案している。別案が韓国側、中国側からも出されている」とも。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜