• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 王子HD、ミンガラドン工業団地に段ボール工場をオープン

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    8月31日、王子ホールディングスは現地法人「Oji GS Packaging Yangon」を通し、同社ミャンマー初の工場をオープンする。

    立地はヤンゴン市郊外のミンガラドン工業団地。投資金額は約16億円。主にダンボールを製造するためのもので、5月オープンの予定が延期されていた。

    同現地法人は王子HD子会社のマレーシア法人「GS Paper & Packaging Sdn Bhd」が過半を出資。王子HDの孫会社に当たる。

    同工業団地は1998年に開設。一時は三井物産が共同開発と販売に乗り出していたが、販促低迷で2006年に撤退していた。ミャンマー民政化後の2012年、第一期区画が完売。日本企業を初めアジア各国の企業が入居、また入居に先駆け工場の建設に入っている。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜