• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • キリンHD、ミャンマービールを買収

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本の飲料事業大手キリンホールディングスは、ミャンマーでビール製造最大手のMyanmar Brewery Ltd.(MBL)の株式の過半数を取得したと発表した。

    買い取ったのは全株の55%。買取価格は5億6,000万米ドル(=約690億円)。この分の前株主はシンガポールの飲料大手「フレイザー・アンド・ニーブ(F&N)」。残りの45%はミャンマーの国軍系企業「Myanmar Economic Holdings Limited (MEHL)」。

    MBLの国内市場シェアは約75%。2014年の売上は約2,540億チャット(=約250億9,000万円)で税引き前利益は約900億チャット(=約88億4,000万円)。従業員数は約1,000人。

    同社の主力商品はミャンマービールで、アンダマン・ゴールドやミャンマー・ダブル・ストロングなども人気。シンガポールのタイガービールもライセンス製造している。

    イギリス大手のSABミラー、シンハービールで知られるタイのブンロート・ブリュワリーなど、ミャンマー進出を狙う望むほかの外国メーカーらも、このMEHLが保有していたこの株式に関心を寄せていると噂されていた。

    キリンは民主化されたミャンマーの経済制裁解除の動きに伴う市場の成長に可能性を見出し株式取得を決断した形だ。

    キリンの株式取得のきっかけは前株主の保有分をめぐる取り扱い問題だった。

    2013年、F&Nが保有するMBLの株式を売却しようとした際、MEHLは彼らの拒否権が顧みられなかったとして裁判所に調停を求めていた。

    その後拒否権は認められ、さらにMEHLはF&Nの全ての株式の買取を認めるように要求。第三者機関に株価の評価を指示したところ、今年7月に総額5,000億チャット(=約554億円)とされた。

    この金額について実際に決済する米ドルへの換算方法についてMEHLは直近のレートを参照し4億米ドルを主張、F&Nは、株価を評価した2013年時のレートを参照し5億6,000万米ドルを主張して折り合いがつかなかった。

    その後の紆余曲折を経て8月6日には両社がプレスリリースを発表し。MEHLもしくは同社が指定する者が、F&Nが主張する金額で買い取ることが決まったことが伝えられた、8月19日になり買い取るのがキリンHDであることが明らかになった。

    キリンHDは、オセアニア、ブラジルおよび東南アジア市場に注力するというビジョンを持つ。今回のMBL株の取得はそのビジョンの一環。

    ミャンマーには、デンマークのカールスバーグ、オランダのハイネケンが今年に入り続々進出。製造工場を設立している。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜