• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 野口聡一さん、ミャンマー航空宇宙技術大学で講演

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    8月27日、ミャンマー航空宇宙技術大学(マンダレー管区メイッティーラ市)の学位授与室開室式の場で、宇宙探検家協会の野口聡一会長が講演する。講題は「宇宙における日本の功績」。

    講演は2時間の予定。後半は質疑応答に充てられる。メイッティーラ市の大学生と高校生、国軍技術大学の学生が招待されている。

    野口聡一さんは1989年に東京大学工学部航空学科を卒業。1992年東京大学大学院工学系研究科航空学専攻修士課程を修了。2005年7月26日から8月9日までと2012年12月12日から翌年6月2日まで宇宙飛行士として任務に就いた。

    講演会について、ミャンマー航空宇宙技術大学のチートゥイン学長は「3年掛かって開催に漕ぎ着けた。東京大学のミャンマー人講師も協力してくれた。野口さんに講演会依頼すると、日本では1時間1,500ドル(=約18万3,000円)払わなければならないが、スポンサーがついてくれたので心配いらない」とコメント。

    *公開時”マンダレー管区メイッティーラ市”を”シャン州メイッティーラ市”と誤表記しておりました。正しくは”マンダレー管区メイッティーラ市”です。訂正とともにお詫び申し上げます。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜