• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 偽装ピーナツ油が市場を席巻-正規品工場の9割が稼働停止

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    パームオイル(アブラヤシ原料の食用油)に香料を混入した偽装ピーナツ油が消費者市場を席巻しているという。マンダレーで食用油を取引する業者らが証言した。

    偽装ピーナツ油はドラム缶1缶分のパームオイルに香料1キロを混入させて作られるという。価格は1ベィッター(約1.6キロ)あたりおおよそ2,400チャット(=約225円)。純粋なピーナツ油は1ベィッターあたり5,000チャット(=約469円)以上する。

    ミャンマー国内のピーナツ油の主な産地はマンダレー、マグエー、ザガインの各管区だが、偽装ピーナツ油に席巻され、ピーナツ油の製造工場は最盛期の90%が稼動を休止している。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜