• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • シティマート創業者、フォーブスのアジアで最も影響力ある女性50人に選ばれる

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    小売大手のシティマート・グループの創業者ウインウインティンさんが、経済誌フォーブスが選定した”アジアで最も影響力のある女性”50人にランクインした。

    同企業グループの創業は1996年。現在スーパーマーケット「シティマート」=22店、大型ショッピングセンター「オーシャン」=7店、コンビニエンスストア「シティエクスプレス」=52店ほか、全部で150店以上の小売施設を擁する。2014年度の売上高は約2億米ドル(=約240億円)。従業員数は6千人超。

    創業以前のウインウインティンさんは、シンガポールの専門学校で小売業の基礎を学んでいた。シンガポールからオーストラリアに渡り会計学を学んでいたところ、家族の勧めが切っ掛けで帰国、スーパーマーケットを創業した。当時21歳だった。

    同グループは昨年度から国際的な会計制度を採用。社員の評価も縁故関係を無視して能力主義に変更したため、国内では時代の先を行く事業体として評価されている。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜