• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 次期大統領はソーマウン現大統領府相-ベテラン外国人記者が予想

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    10月29日、ベテラン外国人政治記者のレリージューキンさんは、予想される次期大統領としてソーマウン現大統領府大臣の名前を挙げた。同記者ののミャンマーでの取材歴は40年を超える。

    同記者がそう考える理由は、総選挙において最大野党「国民民主連盟(NLD)」が優勢に終わっても単独政権を樹立するほどの圧勝にはなららないだろうこと、既存の与党「連邦団結発展党(USDP)」や国軍が選挙結果を捻じ曲げることが予想されることの2つを挙げている。その結果NLDとUSDP、及び少数民族の政党から成る連立政権が成立し、結果ソーマウンさんが大統領に選ばれるとしている。

    ソーマウンさんは国軍と強いパイプがあり関係が良好。国軍または与党の推薦を受けて副大統領として選出された後、決戦投票で大統領に選出されると考えられている。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜