• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 合同停戦監視委員会、初会合で国全体を見渡す部会をまず組成

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ヤンゴンのミャンマー平和センターで10月29~31日に行われた合同停戦監視委員会(JMC)の第1回会議で、内部構造としてまずミャンマー全体を見通す部会が組成された。今後各管区レベル、州レベル、地域レベルの部会が作られるとみられている。

    この国家レベルの部会の委員長には国軍のヤーピェ中将が就任。副委員長の一人としてカレン民族連合(KNU)のソーアィゼさん、事務局員には国軍のワナアウン大佐とチン民族戦線(CNF)のターシュエーカーさんが氏名された。副委員長にはもう一人民間人から選任される予定。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜