• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 年末に決定された輸入車年代規定が早くも改定される−国民の利益優先が理由

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    1月7日連邦政府は、鉄道輸送省陸上運輸管理局が昨年末に発行した命令書149/2015で規定された2016年度の自動車輸入規則を改定した。国民の利益を考慮に入れた結果という。改定後の内容は以下のとおり。

    1.老朽化した車の代車(委託貿易を含む)

    乗用車(排気量1350cc超)=2006~10年、乗用車(1,350cc以下)=2006~16年、トラック=2006~2010年、バス=2006~10年。

    2.上記に限らない個人輸入および貿易会社、外国に勤務する職員、船員、外国出稼ぎ労働者、国防省所属の武官、ホテル観光業の経営者による輸入

    乗用車(排気量1350cc超)=2011~16年、乗用車(1,350cc以下)=2011年~2016年、トラック=  2006年~2016年、長距離バス(左ハンドル)=2011~16年、市内バス(左ハンドル)=2006~16年。

    3.管区・州政府許可のタクシー向け車両

    乗用車=2011~16年

    4.通常の輸入

    乗用車=2011~16年、事業用の重機など=2006~16年、消防車=2000~16年、救急車=2000~16年、霊柩車=2000~16年、宗教関係用の車=2006~=16年、長距離バス(左ハンドル)=2011~16年、ミニバスまたは市内バス(左ハンドル)= 2006~16年。

    注)政府に寄付される消防車や救急車は、制限年式外も可能。

    5.各省庁が車を輸入する場合

    乗用車=2006~16年、事業用車両=2006~16年

    2015年以降発売の新車は左ハンドル車のみ。2015年12月31日までに輸入を許可された車販ショールーム向け車両は2016年12月30日までに限り陸運局で車両登録を行うことができる。

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜