• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • ATM利用者数15万5千人超 ミャンマー中央銀行が発表

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    28日、ミャンマー中央銀行は、国内の現金自動預け払い機(ATM)の利用者数が15万5千人を上回ったと発表した。

    同国では、2012年11月からATM機の利用が開始された。発表によると、ATM機はヤンゴン市内に164カ所設置されており、その他のエリアに99カ所存在する。カード決済が利用可能な店舗は全国に488カ所、ヤンゴン市内だけで371店舗存在する。

    現在同国で利用可能なカードは、デビット・カードのMPUカード(MPU Card:Myanmar Payment Union)と、クレジットカードでは、米・ビザ(Visa)とマスター(Master)、日本のJCB、中国のユニオン・ペイ(Union Pay)がサービスを提供している。

    6/28/2013

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜