• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • 富士ゼロックス、東南アジア競技大会スポンサーに ミャンマーで44年ぶり開催

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    31日、富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂、社長:山本 忠人)は、ミャンマーにて2013年12月11日から22日に開催される、第27回 東南アジア競技大会(The 27th Southeast Asian Games)のオフィシャルスポンサー(商品カテゴリー:ITソリューション)として協賛すると発表した。

    SEA Gamesは1951年より開催され、今回で27回目を迎える。東南アジア地域の友好、理解、平和とオリンピック・ムーブメント振興を目的に隔年で開催され、ASEAN地域では人気の高い競技大会である。

    参加国は開催国ミャンマーを含み、東南アジア地域の11か国(タイ/ミャンマー/マレーシア/シンガポール/ラオス/ベトナム/フィリピン/インドネシア/ブルネイ/カンボジア/東ティモール)で、約6,000名の選手が30を超える種目でその技を競う。

    同社は、今年4月にミャンマー・ヤンゴン市に、直轄の拠点である「富士ゼロックス アジアパシフィック ミャンマー支店」を開設。販売に関するコンサルティングサービスや、高付加価値商品の提案活動を行うことで同国の経済発展に貢献する。

    44年ぶりにミャンマーで開催される本大会は、経済が急成長している同国にとって歴史的なイベントとなる。同社は、「Document Services & Communications領域のリーディング企業として、ミャンマー、ひいては東南アジア地域の発展に貢献していく」と抱負を述べた。

    10/31/2013

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜