• トップ
  • 企業
  • 経済
  • 政治
  • 国内
  • コラム
  • 写真集
  • ミャンマー新聞プレミアムについて
  • トラベルプリペイド・マスターカード、4千人突破 ミャンマーCB銀行

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    4日、協同組合銀行(Co-operative Bank:CB Bank)のチョリンCEO(Kyaw Lin)は、イージー・トラベル・プリペイド・マスターカード(EASI TRAVEL PREPAID Master Card)の利用者数が4,000人に達したと表明した。

    同行は米・マスターカード(MasterCard Worldwide)と提携し、トラベル・プリペイドカードの発行サービスを10月8日に開始した。同カードを利用することで、海外210カ国以上でカード決済サービスやATMからの現金引き出しが可能となる。

    マスターカードの東南アジア地域(APMEA)プレジデントのマシュー・ドライバー(Matthew Driver)氏は、「ミャンマーでは依然として銀行サービスの利用率が低いが、決済サービスの多様化は着実に進んでいる」と語った。

    預入金の最少額は50ドル、最大額は3,000ドルで、米ドル通貨のみ利用可能な仕組みだ。3,000ドル以上の預け入れを希望される際には、別途申請が必要となる。

    21歳以上の成人であれば誰でも申請可能で、入会費は約800円、月額2ドル(約200円)、一回あたりの入金手数料は約100円と設定されている。

    11/05/2013

    PR:ミャンマー語翻訳サービス開始!! 日本語→ミャンマー語 ¥1,000/100文字〜