世界の腫瘍薬業界2021年の主要なプレーヤー、アプリケーション、トレンド、セグメンテーション、および2030年までの予測

Absolute Markets Insightsは、その豊富な知識倉庫の詳細な分析をタイトルにしています。腫瘍薬市場は公表された変数です。研究報告によると、この世界の腫瘍薬市場は今年末までに到達すると予想されています。それは、分類、仕様、アプリケーション、および腫瘍薬業界の機会など、いくつかの重要な要素に基づいて集計されます。株式、利益率、収益など、ビジネスの動的な側面の詳細な概要を示し、ビジネス構造の基本的な考え方を示すのに役立ちます。

これのサンプルコピーのリクエスト 報告:https://www.absolutemarketsinsights.com/request_sample.php?id=273

最近、FDAはCD19陽性の血液がんを治療するための細胞治療を承認しました。これにより、研究機関は、癌に関連するより多くの細胞治療を革新するために、実質的な研究開発にふけるようになりました。このような要因は、予測期間にわたって世界の腫瘍薬市場を支援することが期待されます。しかし、これらの薬に関連する副作用は、近年、世界の産業の成長に重大な影響を及ぼしています。世界のがん細胞治療パイプラインには、1,011の活性剤が含まれています。それらの中で、キメラ抗原受容体(CAR)-T細胞療法の数は大幅に増加し、合計568の薬剤に蓄積されています。このような傾向は、将来的に全体的な腫瘍薬市場の成長を推進すると予想されます。

このレポートを購入する前のお問い合わせ:https://www.absolutemarketsinsights.com/enquiry_before_buying.php?id=273

レポートの主な調査結果:

  • 収益の面では、グローバル 腫瘍薬市場1,190億米ドルと評価されました。NSCLCに対する抗PD-1剤のニボルマブとペムブロリズマブの導入と承認は、癌業界に新しい時代をもたらしました。
  • 単剤化学療法を受けている患者の数は最近大幅に減少し、EGFR-TKIベースの治療を受けた患者も大幅に減少しました
  • プログラムデス-1(PD-1)およびプログラムデスリガンド-1(PD-L1)に対するモノクローナル抗体と組み合わせた単剤療法は、転移性乳がんに苦しむ患者ではほとんど効果を示していません。同じことが、ほとんどの乳がんに見られる腫瘍浸潤リンパ球の数が少ないことです。その結果、分子標的療法と免疫療法の組み合わせの開発は大成功であることが証明されました。
  • 中国と米国は、がん細胞治療パイプラインで主導的な地位を占めています。同じものの数はそれぞれ439と305エージェントです。米国で開発されている薬剤の大部分は前臨床段階にありますが、中国で開発されている薬剤は臨床段階にあります
  • 腫瘍薬市場に存在する業界参加者には、F。Hoffmann-LaRoche Ltd、Johnson&Johnson Services、Inc.、Eli Lilly and Company、Novartis AG、Pfizer Inc.、Bayer AG、AstraZeneca、Merck&Co。、 Inc.、CELGENE CORPORATION、PolarisPharmaceuticalsなど
  • 2019年8月、米国FDAはRozlytrekに承認を与えました。この薬は、遺伝性の癌の欠陥に苦しんでいる青年と成人のためのものです。この薬は、NTRK(神経栄養性チロシン受容体キナーゼ)遺伝子融合などの疾患の治療薬として承認されました。この薬は腫瘍を縮小する独自の能力を持っており、NTRK融合陽性腫瘍に苦しんでいる成人を研究する4つの臨床試験で評価されています。

カスタマイズのリクエスト@ https://www.absolutemarketsinsights.com/request_for_customization.php?id=273

の主要な市場セグメント 腫瘍薬市場は次のとおりです。

適応症による

  • 乳癌
  • 前立腺がん
  • 基底細胞がん
  • 皮膚がん(非黒色腫)
  • 結腸直腸がん
  • 肺癌
  • 腎がん
  • 膀胱がん
  • リンパ腫
  • その他

治療による

  • 薬物療法
    • 代謝拮抗剤
    • 抗腫瘍抗生物質
    • アスパラギン特異的酵素
    • ビスフォスフォネートとバイオシミラー
    • DNA損傷剤(抗腫瘍剤)およびアルキル化剤
    • 阻害剤
      • DNA修復酵素阻害剤
      • ヒストンデアセチラーゼ阻害剤
      • ヤヌス関連キナーゼ(JAK)阻害剤
      • ホスホイノシチド3-キナーゼ阻害剤(PI3K阻害剤)
      • プロテアソーム阻害剤
      • チロシンキナーゼ阻害剤
      • PD-1およびPD-L1阻害剤
      • その他
    • モノクローナル抗体
    • その他
  • 手術
    • 開腹手術
    • 低侵襲手術
  • 放射線治療
  • 化学療法
  • 免疫療法
    • キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法
    • サイトカイン治療
    • ドナーリンパ球注入
    • モノクローナル抗体治療
    • その他
  • 標的療法
  • ホルモン療法
  • 幹細胞移植
    • 自家幹細胞移植
    • 同種幹細胞移植
    • 強度が低下した同種幹細胞移植
    • 移植片対宿主病
  • プレシジョンメディシン
  • その他

詳細については、専門家にお問い合わせください@https://www.absolutemarketsinsights.com/reports/Oncology-Drugs-Market-2019-2027-273

お問い合わせ:

会社:絶対市場の洞察
電子メールID:sales@absolutemarketsinsights.com
電話:+ 91-740-024-2424
連絡先:Shreyas TannaThe Work Lab、Model Colony、Shivajinagar、Pune、MH、411016
Webサイト:https://www.absolutemarketsinsights.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です