IBM、HITACHI VANTARA、NEC、MICROSOFT、CISCO SYSTEMS、NOKIANETWORKSなどのトップキープレーヤーによる公共安全市場2020-2027のIOTの大幅な成長

IoTの可能性は、私たちが想像していたよりも顕著です。これらのIoTガジェット、たとえば、DIYホームセキュリティ監視フレームワークは、公安当局に、以前はアクセスできなかった、またはサイロ化されていた違反や危機に関する関連データへのより目立つアクセスを提供します。公共の安全におけるIoTガジェットを関連付けた後遺症は、公共の確実性が向上し、スタッフの安全が拡大したことを意味します。これは、進行中の調査で利用されるとさらにアップグレードされ、反応時間と状況への配慮を助けることができます。

https://www.marketresearchinc.com/request-sample.php?id=28725で公安市場レポートのグローバルIoTのサンプルを要求する

アナリストが市場の現在の状況を調査し、その将来を予測するために使用する調査方法は、さまざまなカテゴリに関する貴重な情報を収集することから始まります。 IoT for Public Safetyは、アプリケーションが非常に有益であると考えています。それらのアプリケーションを調査した後、調査はこの製品の多くのエンドユーザーに焦点を移します。このレポートでは、読者がそれらを正確に知るために、グローバルなIoT for PublicSafety市場で活動している主要な役割のプレーヤーについて言及しています。 SWOT分析などの業界標準ツールは、この市場の長所、短所、機会、および制約を測定するために使用されます。

主なプレーヤーは、IBM(米国)、Hitachi Vantara(米国)、NEC(日本)、Microsoft(米国)、Cisco Systems(米国)、Nokia Networks(フィンランド)です。

タイプ:

プラットホーム
解決
サービス
アプリケーション:

緊急連絡とインシデント管理
重要インフラストラクチャのセキュリティ
監視とセキュリティ
災害管理
地域別の公安市場向けグローバルIoT:アジア太平洋[中国、東南アジア、インド、日本、韓国、西アジア]、ヨーロッパ[ドイツ、英国、フランス、イタリア、ロシア、スペイン、オランダ、トルコ、スイス]、北アメリカ[米国、カナダ、メキシコ]、中東およびアフリカ[GCC、北アフリカ、南アフリカ]、南アメリカ[ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、チリ、ペルー]

https://www.marketresearchinc.com/ask-for-discount.php?id=28725でこのレポートの割引を取得します

目次:
第1章:業界の概要
第2章:分類による収益の分析
第3章:地域およびアプリケーション別の収益分析
第6章:公安市場の収益市場の状況に関するIoTの分析。
第4章:公安キーメーカー向けのIoTの分析
第5章:公安のためのIoTのマーケティングトレーダーまたはディストリビューター分析。
第6章:公安市場2020-2027のためのIoTの開発動向。

https://www.marketresearchinc.com/enquiry-before-buying.php?id=28725で、IoT for Public Safety MarketReportについてここでお問い合わせください

この記事を読んでくれてありがとう。また、北米、ヨーロッパ、アジアなど、章ごとのセクションまたは地域ごとのレポートバージョンを個別に入手することもできます。

私たちに関しては
Market Research Inc.はその見解に先見の明があり、グローバルな調査の大規模な分野をカバーしています。ローカルでもグローバルでも、両方の市場を綿密にチェックしています。傾向と同時評価は、重複して他に影響を与える場合があります。マーケットインテリジェンスとは、製品、市場、マーケティング、競合他社、および顧客に対する十分な情報に基づいた深い洞察を意味します。市場調査会社は、グローバルなソートリーダーシップの育成において先導しています。私たちはあなたの製品/サービスが私たちの情報に基づいたアプローチで彼らができる最高になるのを助けます。

連絡先:
マーケットリサーチ株式会社
ケビン
51 Yerba Buena Lane、Ground Suite、
インナーサンセットサンフランシスコ、カリフォルニア州94103、米国
お電話:+1(628)225-1818
メールus @ sales@marketresearchinc.com

Tagged : / / / / / / / / /